くろれっつカンパニー

自分磨きに役立つブログ

今更聞けない!体重計に表示される意味を解説!!

どうも、最近毎日、運動をするようになって毎日体重計に乗るのが楽しみになってるくろれです。

 

1日で劇的に体重が変動する訳では無いですが0.1Kgでも減ったりしてたらちょっと感動してしまいます(¯・ω・¯)

 

皆さんもそういうのありません!?笑

 

 

てことはどうでも良くてですね。。

 

皆さんは体重計に表示されるものの意味をちゃんと分かってますか!?

 

そう!体脂肪率とかBMIとかのことです。

 

僕はちょっと前に知ったばかりです(笑)

 

なんとなくでは理解はしてましたけど、人に説明しろと言われたら出来なかったでしょう。。

 

たぶん、そんな人が多いと思うので、覚えたての知識をたくさん披露させてください←よくいる奴。

  

 

 体重

 これは説明不要ですね。

 

体の重さを表します。

 

 BMI

 体の大きさを示す国際基準の一つ。

 

標準より大きすぎても小さすぎても病気にかかりやすくなる。

 

体脂肪率

 体重のうち体脂肪が占める割合をいいます。

 

 内臓脂肪レベル

 内臓の周りについた脂肪のことを内臓脂肪という。

 

 体重計では、これをレベル化して表示している。

f:id:sakure-kurore:20190601213333j:plain

基礎代謝

生命維持に必要な常に使っているエネルギー量(体温維持、呼吸など)を基礎代謝量と表しています。

 

基礎代謝量が多ければ多いほど太りにくい体になる。

 

筋肉が多い人は基礎代謝量が多くなる。

 

骨格筋率

体重のうち骨格筋が占める割合。

 

骨格筋は運動やダイエットの成果が出ているかどうかを判断する指標になる。

 

 

 

ざっと簡単に説明してみましたが、こんな感じではないでしょうか!?

 

調べたら年齢別で平均の値も出ていたのでまとめてみました。

 

ぜひ参考にしてみてください!

f:id:sakure-kurore:20190601234203j:plain

 

 

ではそれを知った上でぜひ体重計に乗って見てみてください。

 

 自分が平均的なのかそうじゃないのかわかってしまうでしょう(笑)

 

ちなみに僕はこんな感じでした。。

f:id:sakure-kurore:20190601233607j:plain


これからわかるのは、骨格筋率が僕は平均より下のようです(笑)

 

 つまりもっと筋トレを頑張りましょうということ。。

 

 こういう風に体重計を見るだけで自分が今、どのような体型で何をすべきかが一目瞭然になります。

 

なので体重計に出てくる表示を理解していなかった人はこの機会に覚えちゃいましょう。